ポップコーンをかた手に びぃぶろぐ

Baycom 映画情報番組「ポップコーンをかた手に」公式びぃぶろぐです。

キャスター、ディレクターが番組を超えてブログからも映画の魅力をお伝えします。

番組裏話や新作、話題作のおすすめから普段の何気ない出来事まで、
みなさんとお話ししたいと思います。

Baycom コミュニティチャンネル(アナログ9ch,デジタル111ch)にて
好評放送中です。

最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー

バックナンバー

<< 気になる「めがね」の前に・・・ | main | 犯人に告ぐ >>

クワイエットルームにようこそ


©2007『クワイエットルームにようこそ』フィルムパートナーズ

奇才・松尾スズキ氏の長編第2作が、この「クワイエットルームにようこそ」
前作「恋の門」はついて行けなかった感のある私冷や汗
今回はどうかな〜と、ちょっと及び腰で試写に行ってきました。

28歳のライター佐倉明日香(内田有紀)はある日目が醒めると、通称“クワイエットルーム”と呼ばれる白い部屋で拘束されていた。そこは、女子だけの閉鎖病棟。見知らぬ場所、見知らぬ人−記憶がない!退院もままならない状況で、明日香の「めくるめく 絶望と再生の14日間」が始まった…。

いやぁ〜、面白かったです嬉しい
キャストがよかったから?
9年ぶりの長編映画主演を果たした内田有紀をはじめ、宮藤官九郎、蒼井優、大竹しのぶ、りょう、妻夫木聡らがそれぞれの役柄にはまっていました。
もちろんそれもあるんですが。
やはりストーリーがよかったです。

原作も松尾氏自身の同名小説。脚本も自らが務め、ちょっと変(いや、かなり?)でも心地よい余韻の残る作品に仕上がっています。

閉鎖病棟で、超個性的な患者やナースに囲まれて過ごす日々冷や汗
でもそこにあるのは仕事や恋愛に悩む、私たちの姿なのかもしれません。

今回は、どっぷりと「松尾スズキワールド」にはまることができた私でしたグッド

「クワイエットルームにようこそ」
10月20日 全国ロードショー
配給:アスミック・エース
http://www.quietroom-movie.com/
書いた人 | comments(0) | - |




コメント


コメントを投稿する













カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

Link

Profile

QRコード