ポップコーンをかた手に びぃぶろぐ

Baycom 映画情報番組「ポップコーンをかた手に」公式びぃぶろぐです。

キャスター、ディレクターが番組を超えてブログからも映画の魅力をお伝えします。

番組裏話や新作、話題作のおすすめから普段の何気ない出来事まで、
みなさんとお話ししたいと思います。

Baycom コミュニティチャンネル(アナログ9ch,デジタル111ch)にて
好評放送中です。

最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー

バックナンバー

<< L change the WorLd | main | アメリカン・ギャングスター >>

テラビシアにかける橋

テラビシアにかける橋
(C)Copyright 2006 Walden Media, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

この橋を渡れば、またきみに会える

-----------
田舎町の貧しい家庭で育った小学5年生の少年、ジェス。学校ではイジメられ、彼はどこにも居場所を見いだせない。 ある日、風変わりな転校生がやってくる。レスリーは、裕福な芸術家夫妻の一人娘。誰に対しても偏見を持たず、自由な発想をするレスリーに、ジェスは次第に心を許していく。やがて二人は小川を越えた森の中に、素敵なトゥリー・ハウスを発見。
そのとき、レスリーがジェスに言った。「目を閉じて、心の目は大きく開いて」。レスリーの導きで、二人はそこに、美しい空想上の王国「テラビシア」を創りあげていく。
 「テラビシア」での冒険を通して、友情を育むジェスとレスリー。この冒険は灰色だったジェスの人生を虹色に彩り、彼を生き生きとした少年に変えていくが。。。。
-----------

番組でも何度か紹介した作品です。
みなさんはもうご覧になりましたか?聞き耳を立てる
私は、つい先日、劇場で観ましたグッド
自分の創造力でどんなことでも体験したりジョギング、乗り越えて行ける世界。
失くしたワケではないのだけど、いつから私は忘れてしまっているのだろうと思ってしまいます。
原作は、「子供の本のノーベル賞」と言われる国際アンデルセン賞など数々の賞を受賞したキャサリン・パターソンによる、児童文学の金字塔「テラビシアにかける橋」(偕成社刊)。

きっと、家でビデオなどで観るより、劇場で観るほうが
テラビシアには、渡りやすいかも。植物

http://terabithia.jp/
現在上映中
書いた人 みどりD | comments(1) | - |




コメント

この映画は1/27に見に行きました。小学生の時の事を思い出しましたし、想像力の大切さを教えてもらった気がします☆
映画LOVE | 2008/02/03 8:23 AM


コメントを投稿する













カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

Link

Profile

QRコード