ポップコーンをかた手に びぃぶろぐ

Baycom 映画情報番組「ポップコーンをかた手に」公式びぃぶろぐです。

キャスター、ディレクターが番組を超えてブログからも映画の魅力をお伝えします。

番組裏話や新作、話題作のおすすめから普段の何気ない出来事まで、
みなさんとお話ししたいと思います。

Baycom コミュニティチャンネル(アナログ9ch,デジタル111ch)にて
好評放送中です。

最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー

バックナンバー

<< テラビシアにかける橋 | main | ぼくたちと駐在さんの700日戦争 >>

アメリカン・ギャングスター

リドリー・スコットの新作。


1970年代。
ニューヨーク。
運転手から、暗黒街の麻薬王に上り詰めた黒人フランク・ルーカス。

麻薬撲滅と警官の不正を暴くために奔走した刑事、リッチー・ロバーツ。

実在する二人の男の生き様と戦いが

骨太の演出で描かれる・・・銃


これを演じるのがデンゼル・ワシントンとラッセル・クロウだよ。
どちらも、オスカー俳優やんっ!!
うまいもんね〜やっぱりラブ


それにしても、リドリー・スコットはやっぱり、「男」を描くと超一流〜。

昨年、「プロバンスからの贈り物」って映画を
撮った監督。南仏を舞台にした恋物語。
南仏の美しい景色やおいしそうなワインは素敵だったし
主役のラッセル・クロウもはまってた。

ラストのゴッホの絵を使って
ラッセル・クロウに言わせたセリフは
グッときてメモに書き留めたけど・・・。

し・か・し!!

リドリー・スコットは「女心」がちっ〜とも分かってない。
男に抱きつくシーン。彼への思いをあふれさせるシーン抱擁
どれもなんだか他人行儀で。工具あ〜、もう一歩やん!!って心の中で叫んだ私・・・。な〜んか物足りなかったのよ。


そういえば
昔「テルマ&ルイーズ」って女を主役にした映画を撮ってたけど、
あれは「女」のアイデンティティを着た「男」を描いてたものね。

だから、やっぱり監督は「男」だけ描いといて〜!!って切に願う。

この「アメリカン・ギャングスター」は
後半のラッセル・クロウがデンゼルをおいつめていくところなんて
最高に緊迫して、ドキドキする。展開も早く男臭さたっぷり。

そして、ラスト、二人がテーブル越しに
向かい合うシーンなんて・・・。
ひと言ひと言のセリフの重みと深みが
キュ〜ッと染み込んでくる・・ときめき

彼の映画を見たらいつも「男」っていいな〜。
と思わせられる。

そう、
「ブラック・レイン」も「グラディエーター」の時もそうだった。

ただいま公開中。

「男」を感じたいならこの映画です。
リアリティたっぷり、腰の据わった作品です。

書いた人 なおみ | comments(0) | - |




コメント


コメントを投稿する













カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Link

Profile

QRコード