ポップコーンをかた手に びぃぶろぐ

Baycom 映画情報番組「ポップコーンをかた手に」公式びぃぶろぐです。

キャスター、ディレクターが番組を超えてブログからも映画の魅力をお伝えします。

番組裏話や新作、話題作のおすすめから普段の何気ない出来事まで、
みなさんとお話ししたいと思います。

Baycom コミュニティチャンネル(アナログ9ch,デジタル111ch)にて
好評放送中です。

最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー

バックナンバー

<< 僕の彼女はサイボーグ | main | DIVE!! >>

歩いても 歩いても

たぶん、
ほとんど人が、まるで自分の家を見ているよう・・・と思うのではないでしょうか。男女

聞き耳を立てる 家を離れた子供たちと老夫婦の、孫を交えた賑やかな一日を描いた作品です。みんなが何故集まったのか、つらい理由が次第に明らかになっていきます・・・。

手作りのご馳走でもてなす母(樹木希林)。
おしゃべりが絶えることのない母と娘(YOU)。
家長としてのプライドを持ち、どこまでも頑固な父(原田芳雄)。
そんな父と性格がそっくりな息子(阿部寛)。

嫁と姑の確執とか、父と息子の衝突とか、
負の部分さえ、あーどこの家庭も同じねーと思わせます。

キャストが面白いので、(台詞はまるでアドリブ!?)重い空気にはなっていませんが、家族間だからこそある疎ましさや残酷さが、家族愛の中でちゃんと描かれているのがすごくリアルでした。
つらい思いを吐露する母、樹木希林の演技はものすごいものがありました。びっくり

醜い部分も含めて、
ああ、あんな風に父や母と過ごしたなあ、とまるで自分の思い出を映画に閉じ込めて貰ったような気がしました。
「誰も知らない」もヒトゴトではないような気がしたし・・・。冷や汗
是枝裕和監督作品はこれからも見逃せませーん。


歩いても 歩いても
京阪神7月公開予定
http://www.aruitemo.com/index.html
書いた人 いくこD | comments(3) | - |




コメント

7月の公開が待ち遠しいです。

最近観た劇場予告編で邦画では「クライマーズ・ハイ」と「ザ・マジックアワー」、洋画は「ブラインドネス」と「譜めくりの女」が観たい〜!と思わせるものでした。
映画館に行くとどんどん色んな映画を観たくなってしまいます。(笑)
teasan | 2008/05/02 9:31 AM

ネットや雑誌で何回か「歩いても歩いても」のことを見て、またこちらのサイトも拝見し、ますますこの映画を見たくなりました。
病気や人の死で悲しませる“泣く映画”が跋扈している中、このような沁み入るような映画に、なぜか飢えているこの頃です。
ぱんじー | 2008/05/04 10:46 AM

コメントを有り難うございます!

『人生は、いつもちょっとだけ間にあわない』
これがこの映画のキャッチコピーです

永遠と思われる家族との日々
そうではないと気づいた時はもう遅い

普段は意識しない日常の幸せを感じてください


いくこD | 2008/05/05 6:13 PM


コメントを投稿する













カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

Link

Profile

QRコード