ポップコーンをかた手に びぃぶろぐ

Baycom 映画情報番組「ポップコーンをかた手に」公式びぃぶろぐです。

キャスター、ディレクターが番組を超えてブログからも映画の魅力をお伝えします。

番組裏話や新作、話題作のおすすめから普段の何気ない出来事まで、
みなさんとお話ししたいと思います。

Baycom コミュニティチャンネル(アナログ9ch,デジタル111ch)にて
好評放送中です。

最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー

バックナンバー

<< キャプテン・ウルフ | main | カナダ〜だ!! >>

フェーンチャン ぼくの恋人

フェーンチャン ぼくの恋人
フェーンチャン ぼくの恋人

今春、関西地区で公開された「フェーンチャン ぼくの恋人」に再び会えます。
いよいよDVDCDになって発売されるのです。拍手拍手拍手

番組でもご紹介したのですが、拙者が熱烈に推していた作品です。楽しい

実はこの作品、見に行く前はそれほどポジティブではありませんでした。ちょうど上の画像と同じポストカードをもらい、「なんだ、このほっぺのツヤは・・・」とか思いながら、そのほっぺのツヤに負けてなんとなく見に行ったのです。汗

幼なじみのタイの男の子と女の子2人が、ちょっぴり成長していく姿を描いています。ストーリーは淡々としていて、タイの小学生の何気ない日常が続き、それほど抑揚があるわけではありません。ずーっとゆったりとしたトーンで話が続きます。主人公ジアップと拙者は同い年の設定でした。すなわち拙者と同じ時を生きていた彼らに親近感を持ったのです。拙者自身、「幼なじみの女の子とラブ失恋」とかいう思い出が具体的にはありませんが、拙者の懐の奥底を引き出される空気がスクリーンの中にあったのです。楽しい
作品の中に、日本の携帯ゲーム機や漫画のキャラクターがそこかしこにあるのもおもしろさのひとつです。

日本もタイも同じだなって思うですが、得てして女の子はおませさんです。ものがわかるのも男の子より早く、男の子の方がたいてい幼いものです。しかし、男の子にはある瞬間ぱたっと自我に目覚めることがあります。そして、背伸びを始めるんです。そんな蒼い時代をうまく描いた作品だと思いました。楽しい

たまらなくやわらかく、やさしくて、そしてさわやかで、切なくて、甘酸っぱくて・・・、今年見た作品の中でとりわけ大好きな作品です。

追伸、いくこD様:長文、お許し下さい・・・。


「フェーンチャン ぼくの恋人 ファンサイト」(タイ語です・・・)
http://www.pappayon.com/fanchan/fanclub/
書いた人 | comments(2) | - |




コメント

こんばんわ。
フェーンチャン、私はある理由で見損ねていたのでDVD化は嬉しいです!

きっと純粋な気持ちになれる映画なんだろうなー。

大人になり、知りたくない事まで知ってしまったり
考えなくていい事まで考えなくてはいけなかったり・・・
そういう事にウンザリしている毎日なので
この映画をみてピュアな気持ちを忘れないようにしたいです。

と、すごい期待を込めてこの映画に挑もうとしているのですが!
はやく見たい。楽しみ!!
穴子 | 2005/09/19 1:49 AM

穴子さん、コメントありがとうございます。

拙者は「フェーンチャン」のスクリーン中の空気が大好きです。
子供達なりにもっているコミュニティに「きゅん」とさせられました。

上にも書きましたが、抑揚のある作品ではありません。
だからこそ構えずご覧いただけると思いますよ。

ご覧になったら、また、穴子さんなりの感想などお聞かせ下さいね。
しんやD | 2005/09/19 2:03 PM


コメントを投稿する













カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

Link

Profile

QRコード