ポップコーンをかた手に びぃぶろぐ

Baycom 映画情報番組「ポップコーンをかた手に」公式びぃぶろぐです。

キャスター、ディレクターが番組を超えてブログからも映画の魅力をお伝えします。

番組裏話や新作、話題作のおすすめから普段の何気ない出来事まで、
みなさんとお話ししたいと思います。

Baycom コミュニティチャンネル(アナログ9ch,デジタル111ch)にて
好評放送中です。

最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー

バックナンバー

<< 2/2 | main | たくさんのご応募ありがとうございました。 >>

ALWAYS 三丁目の夕日

ALWAYS 三丁目の夕日
©2005「ALWAYS 三丁目の夕日」製作委員会

昭和33年−建設中の東京タワーを背景に、下町に暮らす個性豊かな面々が織り成す感動と希望の物語。それぞれが豊かではないけれど、未来に希望を抱き、大切な夢に向かって生きていく。
すべての日本人に贈る、夢と希望いっぱいの珠玉の感動作!!悲しい
吉岡秀隆さん、堤真一さん、小雪さん主演。
「ALWAYS 三丁目の夕日」です。

拙者はこの作品の昭和33年と言えばこの世に生も受けていない未知の時代なのですが、なぜか懐かしくてたまらなくて、人肌恋しくなる秋の季節にほろっと悲しいくる、とてもあたたかい作品でした。楽しい
番組でも改めてご紹介いたしますね。楽しい


「ALWAYS 三丁目の夕日」
11月5日(土)塚口サンサン劇場ほか全国東宝系にて公開
http://www.always3.jp/
書いた人 | comments(4) | - |




コメント

こんにちわ。

試写会いってきましたぁ。
ハートウォーミングな作品ですね。
号泣はしませんでしたが何度かうるっときました。
会場内のあちこちから鼻水をすする音が聞こえてきて
ちょっと面白かったです。
あと、堤 真一さんの日本のおとうさんっぷりが
良かったです。
grancanaria | 2005/10/25 8:55 AM

grancanariaさん、コメントありがとうございます。

三丁目の夕日、ご応募ありがとうございました。

「何度かうるっときた・・・」っての、わかります。

次号「ポップコーンをかた手に」の特集でご紹介します。
こちらもお楽しみになさってください。
しんやD | 2005/10/25 4:29 PM

先日、観てきました”三丁目の夕日”
今までのイメージと違う吉岡秀隆さんに出会えて新鮮でした。
あと、氷屋さんがとっても切なかったです。
私も何度もうるるっときてしまいました。
と同時に、自分の小さかった頃、家の前の道は
アスファルトじゃなかったなぁと懐かしい時間を過ごせました。
まりっぺ | 2005/12/10 10:06 PM

まりっぺさん、「氷屋の切なさ」ってのが感慨深いですね。
新たな時代の到来によって塗り替えられてゆく歴史・・・。
それもまた歴史なんですよね。
変わりゆくことがあることが歴史であり、変わらないままであることは歴史とは呼ばないんですよね。

大切なのは変わりゆくこと、そして変わらずにいると言うことですね。
しんやD | 2005/12/15 1:24 AM


コメントを投稿する













カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Link

Profile

QRコード