ポップコーンをかた手に びぃぶろぐ

Baycom 映画情報番組「ポップコーンをかた手に」公式びぃぶろぐです。

キャスター、ディレクターが番組を超えてブログからも映画の魅力をお伝えします。

番組裏話や新作、話題作のおすすめから普段の何気ない出来事まで、
みなさんとお話ししたいと思います。

Baycom コミュニティチャンネル(アナログ9ch,デジタル111ch)にて
好評放送中です。

最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー

バックナンバー

<< アジアカップ開幕 | main | Vフォー・ヴェンデッタ >>

ぼくを葬(おく)る

ぼくを葬(おく)る
©2005 Fidélité - France 2 Cinéma - Foz

余命3ヶ月−。
あなたには何が残せますか?


フランソワ・オゾン監督最新作「ぼくを葬(おく)る」
「まぼろし」から始まった“死についての3部作”第2章が今、幕を開けます。

難病によって、刻々と近づいてくる死に向き合い、残された時間をいかに充実させるかを描いた作品は数多くあります。

が、この「ぼくを葬(おく)る」は、自ら次第に死を受け入れるに至るまでを定点観測のように見つめ、人の心のさまをあらわに感じます。

主人公ロマンと同世代の拙者自身にも投影されることかも知れませんが、ひとつ、大きく共感したことがあります。

それは・・・、

彼の死に方。
死に場所。
死にざま。


彼のあの死に方をいとおしく思ってしまいました。嬉しい

迷惑な死に方ではあるんですけどね・・・。汗


「ぼくを葬(おく)る」 【R-15】
2006年初夏、関西地区にて順次公開
http://www.bokuoku.jp/
書いた人 | comments(0) | - |




コメント


コメントを投稿する













カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

Link

Profile

QRコード