ポップコーンをかた手に びぃぶろぐ

Baycom 映画情報番組「ポップコーンをかた手に」公式びぃぶろぐです。

キャスター、ディレクターが番組を超えてブログからも映画の魅力をお伝えします。

番組裏話や新作、話題作のおすすめから普段の何気ない出来事まで、
みなさんとお話ししたいと思います。

Baycom コミュニティチャンネル(アナログ9ch,デジタル111ch)にて
好評放送中です。

最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー

バックナンバー

<< 大帝の剣 | main | お仕事ですっ! >>

しゃべれども しゃべれども


©2007『しゃべれども しゃべれども』製作委員会


ここ数年、「落語」がブームになっています。
でも「落語」って、ブームという一過性のものではなく、日本人に長い間愛され続けている芸能。その魅力に、今まで落語を知らなかった層の人たちも気づいた、ということなのでしょうか楽しいグッド

「しゃべれども しゃべれども」は97年度「本の雑誌」ベスト10の第1位に輝いた佐藤多佳子さんの長編小説が原作。
映画化したのは「愛を乞うひと」の平山秀幸監督です。

二つ目の落語家に落語=話し方を習いたい、と無愛想で口下手な美人、クラスになじめない関西弁の少年、毒舌でいかつい元プロ野球選手の3人が集まってくる。
しかし、まとまりのない3人…いっこうに進まない落語の習得…そして先生役の落語家にも迷いがあって…汗

TOKIOの国分太一が、古典を愛し、でも思うように腕が上がらず思い悩む落語家を好演。生徒役の3人も、それぞれの持ち味が生かされています。
私は八千草薫演じる気風のいい落語家の祖母が素敵でした見る

テーマは「想いを伝えることの大切さ」ラブ
これって、生きていると当たり前すぎて、意外と忘れてしまいがち。
言葉を通じて、あるいは言葉以上の沈黙を通じて、愛する人に想いを伝えたい。
この作品は「落語」という題材を使って、ちょっと照れてしまいそうなこのテーマを爽やかに描いています。

もちろん、国分くん、師匠役の伊東四朗さんの高座での落語も楽しめますよ拍手


「しゃべれども しゃべれども」
5/26〜 全国ロードショー

http://www.shaberedomo.com/







書いた人 | comments(3) | - |




コメント

「しゃべれどもしゃべれども」は気になる映画の1つです。国分さんはおうどん(?)を食べるシーンでは、普段左利きなのに右手で食べないと行けなくて大変だったと言っていました。ところで話は変わりますが、めぐみD、伊丹TOHOプレックスでは「ハリポタと不死鳥の騎士団」と特典の引き換えは開始されたんでしょうか??もしご存じなら教えて下さい、お願いしますm(_)m
映画LOVE | 2007/03/23 3:01 PM

>映画LOVE さん
ごめんなさ〜い、伊丹TOHOプレックスの情報は分かりません(>_<)ネットで調べてみましたが、出てなさそうですね。
劇場に電話してみるのがいちばん確実だと思います。
お役に立てなくてすみません!

めぐみD | 2007/03/26 2:56 PM

めぐみD、わざわざ調べて頂いてありがとうございます(>_<)自分から聞いといてなんなんですが、実は昨日、ショッピングでダイヤモンドシティに行ったのでついでに行ったら引き替えしてきました。「最初からそうしろよ!!」自分でもつっこみたくなりました・・・m(_)m
映画LOVE | 2007/03/26 5:34 PM


コメントを投稿する













カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

Link

Profile

QRコード