ポップコーンをかた手に びぃぶろぐ

Baycom 映画情報番組「ポップコーンをかた手に」公式びぃぶろぐです。

キャスター、ディレクターが番組を超えてブログからも映画の魅力をお伝えします。

番組裏話や新作、話題作のおすすめから普段の何気ない出来事まで、
みなさんとお話ししたいと思います。

Baycom コミュニティチャンネル(アナログ9ch,デジタル111ch)にて
好評放送中です。

最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー

バックナンバー

<< プライスレス 素敵な恋の見つけ方 | main | またまた見てしまった!! >>

エリザベス ゴールデン・エイジ

エリザベス (c) 2007 Universal Studios. All Rights Reserved.
(c) 2007 Universal Studios. All Rights Reserved.

今年のアカデミー賞の2部門にノミネートされている
「エリザベス ゴールデン・エイジ」プレゼント

主演のケイト・ブランシェットが主演女優賞ノミネート・・・。

おまけに衣装デザイン賞にもノミネートイン。



人には領域がある。

社長には社長の領域。
部下には部下の領域。

部下は自分の仕事さえきちっとしていれば文句は言われないが
社長はその部下のやった仕事全てを請け負わなければならない。

この映画にも領域の違う人物達がいる。
家臣の領域。
侍女には侍女の・・・。

そして女王には女王の領域。

彼らの違いは、ただ一つ「責任の範囲」
家臣や侍女の責任範囲より
女王の責任範囲は、比べるまでもなく広い。

イングランド国民、全てが女王の責任範囲だ。
彼女は自分の幸せだけを考えていればいい女性ではない。

この「エリザベス・ゴールデンエイジ」は
女王が本当の意味でイングランド国民の母となり
全ての責任をとる準備ができるまでを描いている。

責任範囲が広くなり領域が広がるということは
ほしいものを捨てる強さも求められる。

この映画は、
衣装も豪華でケイトの演技も寸分の隙はないが、
「う〜ん」とうならされる奥深い映画でもあります・・。

番組でも「アカデミー賞特集」でご紹介していますので
是非見てね!!
書いた人 なおみ | comments(2) | - |




コメント

この間、この映画の前売り券買ったので見に行く予定です。パート1はまだ見ていないので、いつかレンタルなどで見ようかなと思ってます。
映画LOVE | 2008/02/13 9:04 AM

前作を見ていなくても十分たのしめますよ!!
| 2008/02/13 12:12 PM


コメントを投稿する













カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

Link

Profile

QRコード