ポップコーンをかた手に びぃぶろぐ

Baycom 映画情報番組「ポップコーンをかた手に」公式びぃぶろぐです。

キャスター、ディレクターが番組を超えてブログからも映画の魅力をお伝えします。

番組裏話や新作、話題作のおすすめから普段の何気ない出来事まで、
みなさんとお話ししたいと思います。

Baycom コミュニティチャンネル(アナログ9ch,デジタル111ch)にて
好評放送中です。

最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー

バックナンバー

<< オペラ座の怪人 | main | この間の出来事。 >>

アイアンマン

完成披露試写に行ってきた。

アメリカのマーベルコミックのヒーロー
「アイアンマン」だ。

そう、「スパイダーマン」や「Xメン」とは親せきのようなもの。

ま、観る前は「はいはいしょんぼり。アメリカンコミックヒーローものね〜」と、結構冷ややかな私であったのだが・・・。

ところが。

はまった・・・。


なぜか。


まず、これまでのヒーローというと、突然手首から蜘蛛の糸がシュ〜と出てきたから・・・とか知らない間に改造されていた・・・とか、
生まれた時からそんな運命だったとか・・・

自分の意志とは関係なしに、「こうなったからには僕がやるしかない・・」的な、どちらかというと、その運命に流されながらヒーローになっていくというのが多かったと思うが・・(誤解のないようにしたいが、もちろんそうじゃないヒーローもいます)

「アイアンマン」は最初の改造こそ人の手を借りているが、
「自分でヒーローになる」とう強い意志を持ち、自分でパワーースーツを開発し「自分で決めてそうなった」という点では、他のスーパーヒーローよりずっと【大人の決断】をする。

それも、これまでの自分の生き方が
どれだけの人を不幸に陥れていたか・・・ということに気づき、
人生自体を、命をかけてやり直すということにおいても
【大人の決断】をするヒーローなのだ。


「お〜すごいな〜」とわくわくしながら見ていると
【大人の決断】は最後のシーンでも見られた。(※ネタばれ注意)

ラスト。
アイアンマンであるロバート・ダウニー・Jrがみんなの前で
堂々と明かすのだ。

「私がアイアンマンだっ!!」どよめく一同・・・。

私は拍手喝采!!拍手


「なぜ、仮面ライダーやウルトラマンは
自分が正義のヒーローだと名乗らないのだろう?
世の中のために良いことをする人は、自分がこういうものだと名乗り
みんなからの賞賛を浴びていいはずだ」

子供子供のころから常々、こう思っていた私。

よく友達には「わかったら悪者に殺されるからだよ」などと言われ
「ふ〜ん。そうなんかな〜。」とか思っていたけれど・・・。

ところが「アイアンマン」は名乗る。

正々堂々とグッド

よっしゃ〜。そうこなくっちゃ!!

名乗ることによって、人はその立場への責任をより感じる。

登場するのは勇気のいることだ。

名乗った限りは誰も裏切れない。
彼はそうすることによって、
自分で自分を高め、より良い世の中のために
今日も戦うのだ。


それを非常に大人のロバート・ダウニー・Jr(42歳)が
演じているっていうのも
かなり得点高い。
秘書役のグウィネス・パルトロウも中佐役のテレンス・ハワードもいい。

大人が楽しめる

いや、勇気をもらえるヒーローが「アイアンマン」だラブ
















書いた人 なおみ | comments(0) | - |




コメント


コメントを投稿する













カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

Link

Profile

QRコード